やることだらけ

まず論文「きれいな指輪」を執筆したいところですが、

今日は次はどんな研究をやろうかなとテーマ探しをしていました。

色々やることだらけで、あれもやった方がいいこれもやった方がいい、

いやでも大した問題ではないかもしれない、難しくて解けないかもしれない。

特に方向性が決まることなく、適当に論文を読んで過ごしてしまいました。

 

そんな中、10年以上前に読んで詰まった論文の続編が気になり始めました。

10年以上前に読んだのでかすみのようにしか覚えていないですが、

論文が間違っているのでは…?という疑惑を抱いたまま止まってしまったのは覚えています。

何かの符号が合わなくて、どうしようもなかったんですよね。

10年経ってレベルアップしてわかるようになっていないか、

続編と見比べながら読んだら何か修正ができたりしないか。

なんとなくそんなことがいま気になっています。

太郎さんと花子さん

ネットで共通テストの問題を眺めてみる。

太郎さんと花子さんの会話、邪魔だなーと感じます。

どうせ記述式の答案でそんな文章は使わないんだから、煩わしいだけです。

数学の問題って、端的に書く方が雑念が入らなくていいと思います。

あと太郎さんと花子さんでどちらも「さん」付け。

何かジェンダーの区別はしませんよ、という意図があるのかな。

ちなみに2人ともマスクで登場。どうせならオンライン授業中の会話にすればいいのに。

すいみん

昼寝をし、夕方寝もしました。

朝8時19分に起きて、11時から14時くらいまで寝て、16時から19時くらいまで寝ていました。

濃厚接触者状態なのではという懸念とやはり部外者との接触があったので、

気分的にはよくなくて、倦怠感もある気がする。

Youtubeを見たくらいで、その他はただ寝てた1日になってしまった。

濃厚接触者

濃厚接触者が大学にいました。

 

その人と半日一緒に過ごした人がいました。

 

私はその人にくしゃみをかけられたのですが、

これって僕も濃厚接触者なのでは…。

 

チェインルールで言うと3チェインで感染者にたどり着く。

 

ああ。もうダメかも…。短い人生でした。

きれいな指輪

研究「きれいな指輪」が解析終了となりました。

 

不純物の研究とかインピュリティリング2とか、名前がいまいち定まりませんでしたが、

自己満足感が高いほどきれいな結果が得られたので、

途中で出てきた案の通り、研究テーマは「きれいな指輪」とすることにしました。

最後の最後でしっくりくる研究テーマが決まるのは初めてです。

 

不純物の輪を作ることから「指輪」、結果がきれいにできたことから「きれいな」を付ける。

そして、「きれいな指輪」にするとロマサガ3が思い出せるのも楽しいです。

 

終盤、「まさかここまで(きれいに解ける)とはな…」

と自然につぶやいてしまうほど、うっとりする結論が得られました。

 

自己満足感が高く、それって素晴らしいことです。

まず自己満足ができることなんてそうそうないじゃないですか。

 

計算用紙は156ページ。うん。まぁまぁの長さですね。

論文執筆とともにちょこちょこっと何か追加で計算する必要は出てくると思います。

計算ミスもあるかもしれません。確認しながら、そのうち執筆を始めようと思います。

どうかな。すぐやるか。ちょっとあとにするか。

しかし今日は結果を眺めながら眠りに就きたいと思います。

 

最初に問題設定をしてから、少しずつ少しずつ問題を解いて、

結局この方程式を解けば良い、という問題になるのですが、

今回は最終的に高校1年生の問題に帰着されました。

こんな関数がただ一つの解を持つだなんて、なかなか導くのも困難に思えましたが、

ある観点から眺めればこれさえ示せれば良い、という状態になって、

見事に、いや、非常にギリギリの所を突く感じで示せました。

εほどでも係数がズレたら状況はかなり悪化していたと思います。

モデルがきれいだと結果もきれい、ということの現れなのかもしれません。

 

これ、あと14日早くできていれば、年末解決だったんですけどね。

12月前半からなんかやる気がなくなって放置して年を越してしまいました。

まぁ年度で動いていると思えばいいのかな。

 

うーん。次は何を研究しよう…。

読めない

未来が読めない。

こうしてこうしてこうなるだろう、みたいな未来が。

 

今年度中に使わなければなくなってしまう研究費が10万円分。

旅費に使用できない今、物品に使用するしかないわけですが、

将来の研究で必要になるであろうものを前もって仕入れておきたいものです。

 

結局数学に必要なものは最後は時間なんですよね。