95日目・朝

また、お母さんのいない恐ろしい現実がやってきた。

私の根源が絶たれたのだから、生きてなど行けない。